最強の理系就活生への道

4月で有名大企業4社から内定を頂いた国立理系院生の私の経験を元に、理系就活の攻略法を発信していきたいと考えております。

【会社の選び方】会社を選ぶ軸にはどのようなものがあるのか?

どうも!shomercurryです!

 

皆さんは会社を選ぶ軸は定まっているでしょうか?

 

そんなものはいらねー!有名な企業を受けまくる!みたいな感じで就活をしようとしている方もいるのではないでしょうか。

 

絶対にやめてください(笑)会社に入った後に絶対に後悔します。

会社を選ぶ軸を定めてから就活をしてください。

 

でもどんな軸があるのかわからないという人もいると思います。

 

そこで今回は、「会社を選ぶ軸はどのようなものがあるのか?」という疑問に答えていきたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ

・会社を選ぶ軸か定まっていない人
・軸を決めたがこれで合っているのか不安な人
・軸なんて無くても良いと思ってる人

では順を追って説明していきます。

 

 

そもそもなぜ会社を選ぶ軸を定めるのか?

ãè¿æªæ¥çã«æ ããã¥ã¼ã¨ã¼ã¯ã®å¤æ¯ãã®åç

理由は簡単です。軸が定まれば、企業選びをする際に受けたい企業であるのかそうでない企業であるの仕分けがしやすいからです。

 

例えば、第一の軸に勤務地が東京、第二の軸にプログラミングのスキルを身につけられる企業、第三の軸に給与や待遇の良い企業とします。

 

この場合、まず東京で働ける企業を調べます。その後、プログラミングのスキルを身につけられる企業に絞り、 絞られた中で給与や待遇良い企業を上から並べれば、受けたい企業を瞬時に抽出できます。

 

このように軸を定めておかないと、就活を進めていくとどんどん新しい企業を知っていくようになりますが、説明会などでは良いことしか言わないので、どの企業も良い企業な気がして受ける企業を決めきれないというようなことが起こったりします。

 

このようなときに、確固たるぶれない軸を持っていけば、どんないいことを言われても自分の軸に合わない企業は瞬時に切ることが出来ます。

 

 

どんな軸がある?

ãçåã«æãããã¤ã³ããã®åçï¼»ã¢ãã«ï¼å¤§å·ç«å¼¥ï¼½

そもそもどんな軸があるのかわからないという方もいるかも知れませんので、思いつく限りのものを以下に挙げてみます。

  • 給与、福利厚生などの待遇
  • やりたい仕事
  • 勤務地
  • ワークライフバランス
  • 知名度
  • スキルが身につく

ざっとこんなものでしょうか?これ以外にもこんなものがあるよって思いついた方は教えてください(笑)

 

ではそれぞれの軸について深掘りしていきます。

 

給与、福利厚生などの待遇

ã100ä¸åç¸å½ã®ç´å¹£ãã°ãæããã®åç

 これを第一の軸と考えるのならば、理系院卒だからメーカーの技術職に就職しようという考えを捨ててください。商社、コンサル、金融系などがおすすめです。

 

メーカーはそもそもこれらの業界に比べて、給与は低いです。(キーエンスのような例外を除いて)なので理系だからといってメーカーという狭い枠の中で比較的年収が高そうな会社を選ぶのはもったいないです。

 

そもそもみなさんが受けるような大きい規模のメーカーであれば、どんぐりの背比べほどの差にしかなりません。1年目400万、6年目600、10年目800万、15年目1000万とかが多いです。

 

試しにOpenWork(https://www.vorkers.com)で皆さんが知っているメーカーの年収を調べてみてください。さほど変わりなくありませんか?

少し年収が高く書かれているメーカーは残業が多く、時給換算するとあまり他のメーカーと給与は変わらない場合が多いです。(キーエンスのような例外を除いて(2回目))

 

次に皆さんが知っている商社、コンサル、金融系の会社を調べてみてください。結構違いがあって、高くないですか?たしかに福利厚生等の細かいことを考えれば微妙な誤差はありますが、福利厚生なんて基本的に会社に入ってからは住宅補助や食事補助くらいしか恩恵を感じませんので、あまり気にしないほうがいいです。

 

よって、年収、福利厚生などの待遇を第一軸に考えている理系就活生は、理系だからメーカーという幻惑に陥らずに商社、コンサル、金融系などを目指しましょう。

 

やりたい仕事

ãé§ãæãããã¸ãã¹ãã³ãã®åç

仕事をただの金稼ぎではなく、自分のやりたいことをしたいと強く考えるのであればこれを第一の軸にすべきです。

 

週40時間も働くのでその時間がやりたくないことだったら苦痛なので、軸にしない場合でもある程度考慮に入れたほうが良いファクターでしょうね。

 

勤務地

これはものすごく大切です。勤務地を軸のうちの一つに入れてない人もまず考慮したほうが良いファクターでしょう。

 

今まで都会にしか住んだことがなく田舎は無理という人は都市部の企業、地元がいい人は地元の企業、海外で働きたくない人は海外で働く機会のない企業というようにまず絞るべきです。

 

住めば都といいますが、会社をやめたり転勤しない限りは残りの人生の殆どを過ごすことになる場所です。

 

例えば、たくさんショッピングをしたり、有名店の高級料理を食べたいと思って、給与が良い企業に入っても、勤務地が田舎で周りに都市がなければショッピングする場所も有名店も殆どないので出来ません。

 

特に理系の人は研究所や工場での勤務になることが多いので、勤務地が田舎になる場合が多いので注意してください。

 

自分が受けたい会社の勤務地がわからなければ、会社四季報で調べたり、会社のホームページで事業所・研究所・生産拠点の場所を調べたりしましょう。

 

土地が合わなければ、プライベートに大きく影響します。

 

よって、勤務地は必ず軸のうちの一つのファクターとして考慮しておきましょう。

 

ワークライフバランス

ãç¼çç²å´ã§ç®ããããããã¸ãã¹ãã³ãã®åçï¼»ã¢ãã«ï¼OZPAï¼½

仕事は程々にして、アフター5を充実させたいという人はこれを第一の軸としたほうが良いですね。

 

ただし大企業を志望するのであれば、会社によってワークライフバランスの良し悪しを決めつけないほうが良いです。

 

というのは、会社が大きければ大きいほど部署によるワークライフバランスの格差があるからです。

 

先輩がAという大企業でワークライフバランスよく働いてるからといって、自分も入ってみたら自分の部署は激務だったということはザラにあります。

 

軸に盛り込んでも入ってからの運ゲー要素が強いので、軸のうちの一つに入れることはあまりおすすめしません。

 

とはいえある程度の会社全体としてのワークライフバランスの良さというものはあるので、自分の志望している会社のワークライフバランスはどうなんだ?という人はOpenWork(https://www.vorkers.com)で調べてみましょう。

  

知名度

ã100ä¸é¦æ¸¯ãã«ã®å¤æ¯ãã®åç

これを第一の軸にしている人はあまりいないと思いますが、知名度のある企業を軸のうちの一つにすることはあまりおすすめしません。

 

世間に知られていてなんとなく誰もに尊敬されそうな企業のことを知名度のある企業と定義しておきます。男性であれば女性ウケの良さそうな企業ですね。

 

知名度があるから良い企業というわけではありません。BtoCが知名度のある企業にどうしてもなりがちですがそれは一般消費者を相手に商売しているから知られているというだけです。

 

一般消費者に触れないから知られていないだけで、BtoBにも良い企業はたくさんあります。

ただ確かに自分の会社はすごい会社なのにBtoBであるために親や友達にもすごい会社と思われたいというのは少しさみしいですがね。。(笑)

 

まあでも会社に入ってから気づきましたが、結局自分の勤めている会社の知名度なんて他人はたいして気にしていないので、やはり知名度なんかで会社を選ばないほうが良いですね。

 

勤めている会社の名前じゃなくて自分次第です。大学時代も大学名だけで異性からモテたなんてことありましたか?ないですよね(笑)(あったらすいません(笑))

 

つまりそういうことなんです。

 

よって、会社の知名度を気にして会社を選ぶべきではないです。

 

スキル

ãã³ã¼ããæ¸ãããã¢ãã¿ã¼ãã®åç

会社に務めていて得られるスキルを大切にしたいというのであれば、これを軸にすべきです。

 

特に将来的に脱サラして起業したいと考えているのであれば、間違いなく得られるスキルを重視したほうが良いです。

 

1日8時間労働だとして週5日働くと、最低でも週40時間も会社で働くことになります。この時間を将来の独立のために有効に使えるか使えないかは大きな差になると思います。

 

8時間も働いたあとに家で起業のためのスキルを身につけるための勉強なんてしんどくてあまりできないでしょうからね。まあできる人はできるんでしょうが。

 

少々、給与や待遇が悪くても我慢すべきです。欲しいスキルを得るためのスクール代を払ってるから給料が安いくらいに考えてしまいましょう(笑)

 

 

まとめ

・ぶれない会社選びを円滑に行うために、会社を選ぶ軸は必要。

・給与等の待遇の良さを軸にするのであれば、メーカーではなく商社、コンサル、金融などがおすすめ。

・会社生活をずっと続けていくつもりであれば、軸にしない場合でもやりたい仕事であるかということを少しは考慮すべき。

・勤務地は重要なので、必ず軸のうちの一つに盛り込むべき。

・ワークライフバランスはある程度の会社による差はあれど、大企業であれば部署によるワークライフバランスの格差が大きく、会社に入ってからギャップを感じる場合があるので軸に入れることはあまりおすすめしない。

・会社の知名度なんて入社後は気にしなくなるので、軸にすることはおすすめしない。会社の名前ではなく、自分の実力で他人に認めてもらおう。

・最低でも週40時間は会社で働くことになるので、会得したいスキルがあるのであればそれを得られる会社で働いたほうが効率的。

 

本記事を参考に、みなさんも自分の会社を選ぶ軸をもう一度考え直してみてください!きっと、軸が定まればスムーズな会社選びができるようになると思います。

 

私は軸があまり定まっていない状態で就活本番を迎えてしまったので、あの企業は受ける必要なかったなあとか、あの企業受けとけばよかったなあとか、今でも考えることがあります(笑)

 

こんな思いはしてほしくないので、就活本番を迎える前に軸をしっかり作っておきましょう。