最強の理系就活生への道

4月で有名大企業4社から内定を頂いた国立理系院生の私の経験を元に、理系就活の攻略法を発信していきたいと考えております。

【有利?優遇?】企業の説明会は行く意味はあるのか?

どうも!Shomercuryです。

 

3月の就活解禁で企業説明会が一斉に始まりますね。

説明会によっては参加しないと選考を受けられないだとか、行っても意味がないだとかを先輩などから聞いているのではないでしょうか。

 

そこで今回はタイトルのように「企業の説明会は行く意味はあるのか?」という疑問について答えていきたいと思います。

 

この記事はこんな人にオススメ

・研究室、ES提出で忙しくて説明会にあまり行かないつもり。
・説明会に行った人のほうが選考で有利なのか知りたい。
・選考上、企業の説明会は必須なの知りたい。
・理系だけでなく上記のような疑問を抱えている文系就活生

  

結論から申し上げますと、ESを出そうと考えている単体開催の企業の説明会には必ず行くべきで、場合によっては合同説明会に行くのも有効です。

 

単体開催の企業の説明会とは、1つの企業が単独で開催する説明会のことです。企業のマイページから予約して、参加するパターンがほとんどですね。

 合同説明会とは、多くの企業が一堂に会して開催される説明会のことです。マイナビ、リクナビ、大学生協などの就活キャリアが開催し、そのキャリアのサイトから予約して参加するパターンが多いですね。

 

なぜ単体開催の企業の説明会・イベントには必ず参加すべきなのか?

people inside white room

理由①:単体開催の企業の説明会・イベントへの出席状況を評価している。

みなさんは、企業の人事の方が、ES通過の可否を考える際に何を重要視しているかわかりますか?

 私は経験上、以下の4点であると考えています。

  1. 学歴
  2. ウェブテストの点数
  3. 専攻・研究内容のマッチング
  4. 志望度の高さ

本記事とは逸脱するので、1~3についてどのように重要視されているかということは、以下の記事を参照してください。

www.shomercury.com

 

では、4.志望度の高さをESを提出しただけの段階で人事はどのように評価できるのでしょうか?

 

ESの志望動機のユニークさ?情熱のこもり具合?

はっきり言って、ESの志望動機を人事はほとんどちゃんと見ていません(笑)特に大企業であれば。

 

なぜかって?何千何万とおくられてくるESをいちいち見て、他の就活生と比較なんてできませんからね(笑)それに、志望動機なんていくらでも盛れます。

 

ではどのように志望度の高さを評価しているのか?

 

そうです。志望度の高さは、企業の説明会やイベントの出席状況で評価しています。皆さんが、参加したことをしっかりと人事は記録しています。その出席状況を1つの基準にES通過の可否を判断していますね。確実に。

 

このようなことを判断基準を設ける理由は、就活生に内定辞退をされたくないからです。

 

例えば、次の事柄についてあなたが人事の立場になって考えてみてください。

学業成績や経歴があまり変わらないA君とB君があなたの会社にESを提出してきたとします。あなたは、必ずどちらかを落とさなければなりません。あなたの会社は、インターンシップを含めると何回も説明会やイベントを開催しているにもかかわらず、A君はESだけを提出してきました。その一方でB君は、4回あなたの会社の説明会・イベントに参加してきました。さあ、どちらを落としますか? 

答えは、簡単ですね。A君を落としますね。たとえA君がB君よりESの紙面上、学業成績や経歴が少し優れていてもA君を落としますね私なら。

 

なぜかって?いくら優秀でも、内定を出して辞退されたら意味がないからです。普通、志望度の高い企業であれば、単体の説明会に行きますもんね。しかも第一志望度であれば、その企業が開催するイベントには何回かは参加したくなりますよね。逆に志望度が低ければ、ESをそもそも出さないか、出しても説明会には行きませんよね。

 

私も出席状況が悪いという理由で落とされたのではないかという経験があります。ある大手化学メーカーT社に応募した時の話です。

f:id:ShoMercury:20191014210432j:plain

その会社は、ESをもらうには会社説明会もしくは工場見学のどちらかに最低1回は、参加しなければもらえないというスタイルでした。つまり、志望度が低くても受けたいのであれば最低一回はどちらかに行かなければならないため、1回行っただけでは志望度の高さのアピールにはなりません。私は志望度が低かったため、自分の住んでいる所から近いところで開催される説明会にだけ行きました。その一方で、志望度の高かった私と同じ研究室の友人は、説明会と工場見学のどちらにも行きました。

結果、私はESで落ちましたが、友人はESに通過して見事内定まで獲得しました。

 

理由②:企業単体開催の説明会・イベントがアピールの場になる場合がある。

企業単体開催の説明会・イベントでは、人事が講義形式で学生に自社の説明をする以外によく行われることがあります。

 

そうです。社員との座談会ですね。

 

実は、座談会で学生を評価している企業は多いです。ESのような紙面上の情報を見るよりも、実際に他人とコミュニケーションをとっている姿を見るほうがその人がどんな人かわかりますよね。

 

私もある大手重工メーカーM社の説明会に行ったとき、以下のような経験をしました。

f:id:ShoMercury:20191014211051p:plain

この会社の説明会も、人事の講義形式での会社説明が終わった後、社員との座談会がありました。当時、以前の失敗から座談会では就活生を評価しているということを頭に入れていた私は、周りの就活生に迷惑にならない程度に(←ここ重要w)積極的に社員に質問をしました。さらにこの時、社員の人が明らかに名簿のようなものを手元に持っており、何かメモをしていました。後日、私はこの会社のESを通過したのですが、面接の予約画面に日程が一つしかありませんでした。その時、別の面接予定がかぶっていたため、別の時間でやってもらえないかお願いするために電話をしたところ、私はどうやら特別枠で選考を受けてもらうために1つの日程しかなかったらしいです。因みに同じ会社を受けた他の就活生は、面接予約画面にたくさん日程があったそうです。何とか面接の日程を変えてもらい、その後私は内定を勝ち取りました。

 

合同説明会に行くことが有効である場合とは?

blue and black city buildings photography

結論から申し上げますと、ESを出そうと考えている会社の手数が少なく、手数を増やしたい場合には非常に有効です。私も手数を増やそうと、大学生協開催の合説に参加し、あまり馴染みのなかった会社のブースにたくさん行った結果、なんとのちに第一志望となる会社を発掘してしまいました(笑)

 

合説は企業単体の説明会と異なり、1日で何社も見れるため知らない会社を知るきっかけになるという意味では非常に有効です。

 

では、有効でない場合はどういう場合かというと、ESを出そうと考えている会社やよく知る会社の合説ブースに行くことです。合説は出席状況を記録する場合もありますが、私のイメージでは単体の説明会よりもその効力は低く、また学生を評価しているという雰囲気もありません。このため受けようとしている会社の場合は、先ほども言ったように企業単体開催の説明会に参加しましょう。

 

まとめ

  • ESを出そうと考えている会社単体開催の説明会・イベントには必ず参加しよう。できれば、複数回。
  • 企業単体開催の説明会・イベントでは、出席状況から志望度、社員との座談会から就活生のコミュニケーション能力などを評価している。
  • 合同説明会は、馴染みのない企業を知るきっかけになり、手数を増やす場合には有効。逆にESを出そうと考えている会社やよく知る会社の場合は、時間の無駄。

 

どうでしたか?これで説明会に行く気があまりなかった就活生も行く気になったのではないでしょうか。

 

私は研究室が比較的就活には寛容な研究室だったということもありましたが、少しでも興味のある会社は積極的に参加していました。行っても損はないですからね。

 

行くことに迷いが会った人もせめて志望度の高い企業の説明会には積極的に行きましょう。